自分でシミを薄くする2つの方法を実践して綺麗な肌を手に入れよう

自分でシミを薄くする2つの方法を実践して綺麗な肌を手に入れよう

自分の顔にシミができてしまったら、誰だって消したくなります。

 

ですが、シミを消したくても、あまりお金をかけたくないという方に向けて、今回は自分でシミを薄くする方法を紹介します。

 

この方法でシミを完全に消すことはできませんが、薄くなれば、多少は見栄えも良くなります。さらに、自分で行うのでお金もかかりません。

 

今回で紹介する方法を実践して、自分の顔にできているシミを薄くしましょう。

 

 

シミができる主な原因は紫外線

 

 

シミを薄くする前に、シミ自体について勉強しましょう。

 

これを勉強することで、対策などが立てれるようになります。

 

人間は皮膚内で、メラニンというものが作られています。シミとは簡単に言うと、このメラニンが沈着してしまったものなのです。なぜシミができるかというと、主な原因としては、紫外線が挙げられます。

 

原因について触れましたが、実はシミには種類が存在するのです。大きく分けて、4種類存在します。中でも代表的なものが、日光黒子というシミです。これこそがまさに、紫外線を浴び続けることで、できます。ということは、紫外線から肌を守れば、日光黒子を防ぐことができるというわけです。ですが、もう既にシミが顔などにできてしまっている場合は、別の話になります。

 

顔にシミができてしまっている場合は、対策ではなく、シミを消さなければいけません。以下で、シミを消すまではなくとも、自分で薄くする方法を2つ紹介します。

 

 

自分でシミを薄くする2つの方法

 

 

ここでは、自分でシミを薄くする2つの方法を紹介します。

 

これを実践することで、お金をかけずとも顔にできたシミを目立たなくすることができるので、お勧めです。

 

氷水を利用したシミを薄くする方法

 

まずは、とても冷たい氷水を用意しましょう。
用意できたら、その氷水にコットンを浸しましょう。

 

次に、浸したコットンをすくい上げ、軽く絞り、広げます。そのコットンを、シミの部分にくっつけます。そのまましばらく待ったら、コットンを取り、化粧水を塗ってください。

 

そしてまた、同じ方法でコットンを氷水に浸し、すくい上げ、軽く絞り広げたら、シミの部分に貼ります。そのまま3分待機したら、コットンを取りましょう。

 

ラップでシミを薄くする方法

 

用意するものは、ラップだけです。

 

用意したラップの、鼻と口の部分に穴を開けてください。それをそのまま顔に貼ります。注意点として、汗をかかない環境下で行ってください。汗をかいたら、皮脂が流れます。

 

それと、しっかりと顔の鼻と口の部分に穴を開けましょう。でなければ、ラップを貼った後に、呼吸ができないからです。

 

【まとめ】

 

自分でシミを薄くする方法は、氷水を使った方法と、ラップを使った方法があり、これらの方法を実践すれば、あまりお金をかけずに顔にできたシミを自分で薄くすることが可能です。

 

今回の方法を実践する場合、しっかりと注意点を守った上で、継続を意識して行いましょう。これらの方法は即効性はあまり高くなく、継続することで効果が出てきます。